晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

スポンサーサイト

霜月閉じる

                      カテゴリ【音楽・スポーツ】                          落葉松林に霜が降りた霜月も明日明後日で暦を替える。句座の仲間と言葉遊びをメールで楽しんでいる。霜月の語釈は諸説紛々、霜降月やら食物月、摺籾月に下の月まで広がるのだから、これは飛んでもない。定説はさておき、仲間内の言葉遊びは俳句の漢字表記と平仮名表記の使い分けに終始する。さっき書...

TPOを弁えない人なのか

                                 カテゴリ【音楽・スポーツ】         ・上左・コルチカムに秋光注ぐ      ・上右・コロポックル見上げる大蕗         ・下左・水引草が赤色を主張        ・下右・水面に枯葦映る秋の気配それにしても寒い。テーブルの下にある素足は冷たい。思い起こせば7月の初めから短パンTシャツにサンダル履きで通したが、今日の朝から...

君を忘れない

                                     カテゴリ 【音楽・スポーツ】                            戦ぐもの光に届くアコースティックギターを弾いている。正確には今でも弾いているが正しい。高校2年生、兄のクラシックギターを借り、悴んだ指に息を吹きかけ、コードを押さえる冬の夜。先の見えない危うさをギターの音色と歌声に託す。数多のことを習得できずと...

二人がずっと一緒なら

                     カテゴリ【音楽・スポーツ】  If We Hold On Together  → BGM過ぎて行く日々の中道を見失わないで頑張ってやってきたのだから投げ出したりしないで人生は信じること夢は紡ぐためにある奇跡が起ころうとしている思うように生きるの信念 希望 栄光あなたの心の中の真実を握り締めて私たちが一緒にいられるなら夢はきっと滅びない永遠に私たちを見通してくれるそこでは雲が流...

フレンズと呼べる君

                 カテゴリ【音楽・スポーツ】 高橋真梨子が詩を綴り歌っている曲は「フレンズ」。フレンズといえばレベッカもあれは二人の隠れ家、秘密のメモリーと唄ってるが、若い世代の歌詞かな。水無月が始まった。思い返せば昨年の6月から青息吐息でブログを書き始めたなあと振り返っている。フレンズの後半のサビはこう切々と唄っている。重いまぶた開けた 親指立てながら 横たわる姿 疲れたのか夢に フ...

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。