晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

へたうま

                 カテゴリ 【愛】

1 (117) (321x450)



下手巧の水彩画は市内にある中島公園の飛花落花。
水面に落ちた桜の花弁を描きたいと筆を走らせたもの。

毎日のことながら、午前中に演奏も教室も予定が無い日
はお借りしているアトリエで水の魔法に酔っている。

織りなす水加減と色彩の豊潤さは画紙の上を捩るように
動き出すので、稚拙な技法もヘタウマに変身となる。

いつもの浅識をカバーするため、へたうまを調べると、
「一見もしくは一聴すると下手そうだが、逆にそれが
個性や味になっている作品を指す」となっている。

下手巧の飛花落花を描いたのには想い出があります。
齢を重ねた者の涙腺を緩める源泉はここにあるかも。

母の生涯はわたしの生きる力の支えである。
80才で天命を閉じた母はわたしの精神の骨格を作った。

俳句の句座らしきものを立ち上げたので、初発の句作
にと考え、これを掲句とした。

忽 然 と 母 逝 き ぬ 桜 花 の 下 に


仄白い命の灯が消える間近、サナトリムを慈しむように
寄り添う桜樹の下、母を連れ桜色の飛花落花を見せた。

わたしが手を貸せることはこれで最期と修験の気持で、
ぐいぐいと車椅子を押したのを今でも覚えている。

母はわたしの心の中に居る。
ずっと、下手巧でも良いからと水彩を描き続けている。



スポンサーサイト

*Comment

飛花落花 

水面に浮かんでいる桜の花びらが色とりどりで、素敵に心象風景を描かれたんだなあと思いました。

絵を描かれる方は静かな自分の時間を持つことができるので良いですね。
私も絵が描けたらいいのにと思いますが、下手なので興味が持てないです。

お母さまのことを話されるときは、特に男の方は思いが強いみたいですね。

桜の下を車椅子押して歩かれた思い出、羨ましいです。
そういう願いを持っていたけど、2月に逝った母には叶わなかったですから。
  • posted by 笹峰霧子 
  • URL 
  • 2014.04/21 17:35分 
  • [Edit]

まほろば 

「たはむれに 母を背負ひて 
そのあまりに軽きに泣きて
三歩あゆまず・・・」
これは 私の母が好きな 啄木のうた
ふと 今 私は 声に出して読んでみた・・・
エッセイを読ませていたただいて
私の心が ぽっと あたたかくなった
今人さんとお母様が 桜の花散る樹の下で
寄り添い 微笑みあう 
そんな姿が ほんのりうかぶ
「おかあさん」は
世の中で いちばん偉大な人だ
どんな 世界に名をとどろかす偉い人も
みんな お母さんから生まれた
みんな お母さんの温かい子宮の中で
慈しみのもと 大切に育った
そして お母さんの苦しみの中から
私たちは この世に生まれた
こんなに 自分を愛してくれる人は
他にはいない
たったひとりの お母さん・・・
そう よんだら
なぜだか 涙がでた


  • posted by お母さん 
  • URL 
  • 2014.04/21 21:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR