晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

さよならなんて言わない


カテゴリ 【徒然】


1 (27)


さよならなんて言わないとタイトルをつけた水彩画。
湧き立つような青雲の向こうは光輝く未来なのか。

春が本当に始まるのかと思いつつ日々を過ごすのは
北国に住む者にとって特有の思いなのか。

休日を除いて毎日7時過ぎには車で出かける毎朝。
車窓にはほんのり色染める春色を良く目にする。

若者の弾むような足取りが眩しくてたまらない。
今日は何を学び、大人への階段を登り始めるのか。

徒然なるままに駆け足を止めた私は今何を思う。

水彩画は写生の対象を見て描いたものではない。
鮮烈に生きた時代、遥か彼方にあるであろう希望を
明確なものとして手に入れたかった。

つい引き受けてしまったお手伝い、こんなアラカルト
の教室が初秋まで延々と続く。



完成資料オリエンテーション (450x338) (300x225)


晴耕雨読の日々なんぞとノタマウているが、若い人の
闊達な姿を見るにつけ生産性の無い自分の生き方が
何となく悪いような気がしてしようがなかったんだ。

若さという大きな力を失った今でも、過ぎ去った日々に
さえ「さよならなんて言わない」と密かに誓っている。



スポンサーサイト

*Comment

こどもたち 

メッセージをどうぞ
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.04/11 05:30分 
  • [Edit]

こどもたち 

こどもたちや若者が一杯いる町に来ると、筆者の気持ちに共感でき、いつもそんなことをおもわせられます。
今をそれなりに生きて命を全うできればとおもうこのごろです。
  • posted by 笹峰霧子 
  • URL 
  • 2014.04/11 05:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

さよならって
いつになるんだろう、、
誰にもわからない

でも 今を生きている
さよならが 
いつか 私にもきっと
くるのだから 生きる
  • posted by sion 
  • URL 
  • 2014.04/11 08:53分 
  • [Edit]

さようならは・・ いわないで 

さようなら は いわない
なぜなら・・?
ほんとうに さようならは
したくないから・・
さようなら だけでは 淋しい
さようなら だけでは
未練が残る・・
きっと その後には
「また いつか 逢えるから」の
想いが 続く・・

英語なら

I don't say goodbye,
see you all agin

に なるだろう
外国では 男女のお別れの時いう

人と人が 別れる時
「いつか また・・」という
ことば(想い)は 美しい
男女の別れは どうだろうか・・?
Love が Like に 変わった時
愛情は 友情に変わるのだろうか・・?

どのような さようならでも
「いつか また・・」の気持ちが
あったなら・・・・

想いでは きれいなままで
そっと しまって
おきたいから・・



  • posted by まほろば 
  • URL 
  • 2014.04/15 20:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR