晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

菫ほどな小さき人の生まれたし


                      カテゴリ 【 詩・俳句 】


   春よ、来い →  BGM
柳ヤマチプレゼント猫 (450x338)


どうしてこんなに春を待つのだろう。
北海道人は総じて今の季節、待春の感慨が強い。

パソコンを十日前ほどにリニューアルした。
十数年使っている旧型のものを後生大事に使っていた。

ノロノロと立ち上がり、何食わぬ顔でシャットダウン
するその牛歩の歩みは誰かの日々に似ておるやも。

松任谷由実の歌に誘われたわけでもあるが(笑
この時期になると、冒頭写真にある猫柳を探しにゆく。

これ見よがしに辺りを煌めかせているビロードの花芽
には春を告げる囁きがちんまりと閉じこもっている。

それにしても日進月歩とは正しくこのことなりで、
目覚ましい新機種は硬直した頭脳を実に困らせる。

元来、パソコンなるものの便利さと失われることと
の均衡をとりたいので、新しいものにはゆっくりと。

待春のシンボルとなる猫柳を愛でに行ったのは千歳市。
スノーシューでの初めての登行先の地である。

秘湯「祝梅温泉」が開湯になるまでの時間を使って、
近くの荒地を探し回って、やっと見つけた。

春の淡雪が空から思わせぶりに落ちてきたかと思うと
急に空が開けた。その一瞬の間は春の兆しである。

真っ青な空に円らな白点が無数に散らばっている。
射止めるような気分でカメラを向けた。


牛歩の歩みしか出来っこないわたしは、今できる
ことだけをひたひたと進めた。

その気分を静かに動かすと日進月歩の難敵も
なんとか攻略できたようだ。

駄句も挿入した写真は、新型のパソコンに取り入れ
圧縮までかけ、アップできましたでござる。

今日は一年間続けた剣道の稽古が終わりました。
精勤した子どもたちに手作りの頑張った賞状を贈った。

ひとまずは、今できることを確実に進める。
それが生き様を描くことだと、自分に言い聞かせる。

夏目漱石もこの句を詠んでいる。

菫ほどな小さき人の生まれたし




スポンサーサイト

*Comment

猫やなぎ 

子供のころは川辺にふんだんに生えていた猫やなぎですが、今は花屋でしか見ません。

そちらではまだ雪が降っていてその中を探して写されたのですね。
丈はそれほど高くはないはずなので、空を背景に撮られる姿勢は低く屈んで撮られたのでしょうか。

夏目漱石さんはこの句をどういう気持で詠まれたのかなあとおもわれます。
文豪の内面は繊細なのですね。

パソコンは操作が同じでも、機種が変わると戸惑います。
新しいものは慣れると快適に使えるようになると思います。

私は小型のタブレットを買ってちょっとうれしい気持ですが、まだ操作がよくわかっていないです。
  • posted by 笹峰霧子 
  • URL 
  • 2014.03/26 19:46分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.04/09 20:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR