晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅人は何処にたどり着く


    旅人 → クリックしてBGMを 
135.jpg


Salyu の伸びやかな声が閃光のように届く。

光には熱い冷たいはないのかもしれないが、北海道の現在を
考えると冷ややかな鈍色が聴覚に忍び寄るのだろう。

彼女の真っ直ぐな歌声は歌い手であるわたしにも手本である。

土曜日と日曜日は須らく冬道の運転はご法度にしているので、
そろりとインドアの世界に忍び入る。これもまた忍びとなる。

昨日一日中かけて、演奏に使う来月の歌集を作り上げた。
何ヶ所かの老人施設に出かけ始めてから既に4月目である。

間髪を入れず、「受け取りました、来月もどうぞよろしく」と
のメールがヨロヨロと動くマイパソコンに入っていた。

パソコンはヨロヨロ、ノロノロと立ち上げるけれど、いざ、
わたしの前に対峙する人生の先輩たちが目の前に居ると、
真っ直ぐ生に対する応援歌を歌い上げる力が湧く。

齢を重ねても、Salyu の真摯な心意気を見習うつもりでいる。

なんて書いて、また脱線となる(汗。タハッ。

今日は詩・俳句のカテゴリと気づいていて始めたのにこれだ。

一昨日の土曜日はインドアでパソコンに、また向かっていた。
個人詩集の出版に向けて、いよいよ佳境に突入なのである。

ここで、少し予告編といきましょう。
誘導の罠ではないことを先ず断っておいて・・

いつも、このブログにアクセスをしていただいて、わたしの拙い
作品に心寄せてる方々にお知らせなのですが、個人詩集は
3ヶ月後の4月発行を目指しております。

なんらかの形で謹呈をしたいと考えておりますので、その節には
快くお受け取りいただければと思っております。

それで、今日はページの関係で止む無く割愛削除した何篇かを
載せてみますので、ご笑読していただければと思います。


夢の先

ホントの夢をみたいから
遠くに出かけたくなる
夢の先に何かありそうで
信じることを探し出す
わたしのことを
好きになったり
嫌いになったり
空に向って
飛んで行くトンボ
夢の中を漂う
心の動き
求めるものに
届きそうな夢の先


思いつき 

薄明かりの光に紛れ
急所をつくみたいに
さり気なくあなたの耳朶を噛む
甘咬みのような柔らかさ
じゃれ合っている途中の
ちょっとした思いつき
狙いどころを外さないよう
わたしの情熱をしぼり出す
熱っぽい手を絡め合ったり
しなやかな肩を引き寄せる
あなたの香りに誘われて
甘ったるい時の移ろい


滝に出会う 

雨に打たれて
泣いたことがあるかい
切なくて 切なくて
泣いたことがあるかい
遠い旅先で出会った
壮大な滝を見ていると
そんな想いに駆られる
流れ落ちていく水は
泣き虫のする証し
呻りを立てる滝音は
益荒男のむせび泣き
顔を真っ直ぐに上げて
泣きっ面の頬を拭う
大切な人は
いつも この胸に居る



*掲載した水彩画は、タイトルを「旅人の行方を照らせ」
 としています。

スポンサーサイト

*Comment

こんばんは 

カラフルな絵に目を見張りました。
今回は渋い俳句ではなく、熱い詩ですね。
ベートーヴェンの「熱情」を思わせるほど情熱が溢れています。
こんな詩を詠まれたのはいつごろなのでしょう。
春と一緒にいよいよ詩集の出版なのですね。
楽しみですね。♪

  • posted by 笹峰霧子 
  • URL 
  • 2014.01/28 18:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

Salyu の伸びやかな歌声が届いています。
水彩画の中に。。。
「旅人の行方を照らせ」のタイトルにぴったり
いつもと違う雰囲気の水彩画。こんな表情もできるんですね。
詩集に載せきれなかった詩、こちらの詩もとても情熱を感じさせてくれる素敵な詩。
詩集が出来上がるのが楽しみですね。

  • posted by kikuko 
  • URL 
  • 2014.01/28 19:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

salyuの旅人と、水彩画・・そしてその中で読む三つの詩は、私の中の微かな記憶と少しだけ重なって、心が揺さぶられました。

詩集ができる春が楽しみです♪
  • posted by あこ 
  • URL 
  • 2014.01/30 01:23分 
  • [Edit]

今を生きる 旅人 

ブログを ずっと
読ませていただいて
なんか ほんとうに
忙しいけれど
今人さんの毎日は
いいなあ・・・・って
うらやましくなりました

ほんとうに 晴耕雨読・・
とは こういうことなのですね

プラス 世のため人のため(笑)
に 素敵な歌声も 響かせて

私も 会社なんか 早くやめて
定年したら?(・・な~んて
いつのことやら・・・(×_×;)!)
今人さんみたいな かっこいい
旅人になりたいな・・・・
今を 生き抜く旅人
・・・・・・・・・・・・・・・・
いよいよ 詩集の出版なんですね
うれしいですよね

3つの詩も素敵です
私が 一番好きなのは「夢のさき」

夢のさきと さきに止まるとんぼ
が だぶって
なんとも ロマンティックです

私も 将来
素敵な人生の旅人に
なります

うん
なれると思う

なりたいです・・(*^^*)



  • posted by まほろば 
  • URL 
  • 2014.02/08 00:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。