晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶にはうっとり


  そっと・・・  ← BGM をどうぞ
12 (33)


もし ぼくが君を歌で讃えられるなら
この上ない長い歌を歌うのに
そうだ ぼくはあらゆる調べで
君を歌っても決して飽きはしないのだ

なのに ぼくをいつも悲しませるのは
いつでも声が出せずに
ただ君を抱くことしかできないことだ 恋人よ
この胸の聖なる場所で

この苦しみが ぼくを突き動かして
ぼくは このささやかな歌を歌ったのだ
だけど苦い痛みに満ちているから
君に届くことはないだろう



↑ これはドイツが生んだシューマンの曲である。
詩作はケルナーによる12の歌曲作品35「 静かな愛 」。
シューマンの積極的な恋慕の勢いに噎せ返るようである。

オノコのわたしが並べて書き連ねると、こうなる。↓
うっうんっ・・と一つ咳払い。


行く末の知らない時を隔てて
貪るような愛を勝ち取りたいと
常しえに願った想いを届けたい
揺ら揺らと波間に霞む面影
果てしのない純情を水平線に流す
青年の誇らしげな漲るチカラ
我に与え給え



極々稀にであるが浮いた感情も悪くは無いとする。
そうだからといって、薄氷の上で弾けるダンスを踊りたい
わけでもなく、そっと忍ぶような愛はどうだろう。

ケルナーは熱い想いを滾らせる曲調なのに、実に洒脱な
作詞をしたもんだ。静かな愛だぜ。
そうこなくちゃ、老いも若きもね。


スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

柔らかな愛の言葉溢れる文を読み、少し寒くなった日常が温かくなった気がしました。
ケルナー&シューマンの歌曲を歌うオペラ歌手の声がすぐ傍に聞こえてくるようです。

白い蕎麦の花のお写真と純情かつ血潮漲る詩も爽やかで美しいです。
  • posted by 笹峰霧子 
  • URL 
  • 2013.11/26 06:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

静かな愛  とは思えないほどの情熱的な詩と
対照的なソバの花  
まさに 静かな愛がそこにある風情ですね
赤い茎に咲く白いソバの花は大好きです。


  • posted by さら 
  • URL 
  • 2013.11/27 23:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

静かな愛 を、今人さんが書き換えると、こんなに熱いポエムになるんですね。

このコメントが届きますように。。。
  • posted by 黒澤 明子 
  • URL 
  • 2013.12/10 20:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。