晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

土をいじる生活


レイニーブルー
歌声プレゼントふ

幸せな時間は続いている。
昨日、目覚めた時にふっと思ったこと。
確実に人生の終盤戦になっているが、ひとつひとつ周りで
起きる出来事に一喜一憂することがない。

おそらく人の価値観を決める根源であろう感受性が薄い膜
に縮んできているかもしれないが、それはそれで良い。
むしろ、それをずっと望んで求めていたと思う。

アンテナを張り、鋭敏な触手を縦横無尽に差し伸ばして、
あらゆる情報をちっぽけなハートに迎い入れること。
刺激的なトラップに溺れても、結局は最後に疲弊する。

そんな夢物語のような疾走感も、すべて忘却の彼方である。
生きるがために駆け抜けた。
得たものも確かにあるが、失ったことはもっと多い。

昨日は三度目の庭仕事である。
土をいじらない生活に一縷の光明を示してくれた人がいる。
草をむしり、ミミズとご対面である。
得意中の得意、流線を描くように仕事を進める。

ああ、生きている実感とはこのことである。
幸せな時間を残りの人生に仕上げる。思い残すことは無い。

庭仕事の詩を書こうと思ったけれど・・
谷川俊太郎のこの詩に勝るものは書けないので。



庭を見つめる 

私は知っている
君が詩を読まなくなったことを
書架にはかつて読んだ詩集が
まだ何十冊か並んでいるが
君はもうそれらの頁を開かない
 
その代わり君はガラス戸越しに
雑草の生い繁った狭い庭を見つめる
そこに隠れている見えない詩が
自分には読めるのだといわんばかりに
土に蟻に葉に花に目をこらす
 
「サリーは去った いずくともなく」
声にならぬ声で君は口ずさむ
自分の書いた一行か
それとも友人だった誰かのか
それさえどうでもよくなっている
 
言葉からこぼれ落ちたもの
言葉からあふれ出たもの
言葉をかたくなに拒んだもの
言葉が触れることも出来なかったもの
言葉が殺したもの
 
それらを悼むことも祝うことも出来ずに
君は庭を見つめている
  

 
◆ ↑ の水彩画と俳句は、拙いわたしの手によるものです。
 写真やら水彩画を見ながら作句をする稽古に励んでます。

 トカイテ、ミエナイカモネ。 
 
 右上 大雪山の稜線   懸崖の透きゆく風や秋の声

 左上 荒涼の釧路湿原  枯蘆の戦ぐまにまに太古の日   

 右下 楽園雨竜沼湿原  忘れえぬ人懐かしや花野ゆく

 左下 北大第二農場   露草の瑠璃は綺羅星モデルバーン 

 
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 


とても静かな心境ですね。素晴らしいことだと思います。
容姿と体力は若く精神は或る意味枯れたほうが意義ある老後が送れるような気がしますが……、私はだめです。(笑

絵のファイルはサイズがもっと大きいほうが読み手にはありがたいです。縮小設定にすれば表示されるのは小さくても、クリックすれば拡大されますから。
  • posted by 笹峰霧子 
  • URL 
  • 2013.10/06 01:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR