晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

笹濁りの川を歩く


一路、南に車を走らせる。
右手の車窓は夏の兆しが漂う大海原が続く。
このまま、ひょいと寄り道をして、渚をひたすら歩くのも
一興なのかもしれないが、昨夜、川歩きの装備を車に詰め
込んだことを忘れてはいけない。

何十年も「あうと・どあ(こんな洒落た言葉は耳には
残っていなかったけれど)」なるものを続けてきた
経験則の中では、6月初旬の河川は雪代水で笹濁りに
なっていることは予測がついての出立だったけれど、
それでも背中を押すものは長い長い冬との決別の気持ち
だったに違いない。

予測はこの年になると、おおよその確率で当たるが・・
その意は遠望に聳え立つ山に張り付く冬の名残りである。
所為は斑雪、残雪である。
ここで備忘をしておくが、斑雪(はだらゆき)は、
手習いの俳句の世界にある北国独特の季語である。
「雪えくぼ」ともあったような気がする。

さて、川に降り立ち、いざ上流へと遡行を始めたが・・
名うての我輩もその急流にはたじろぐばかり。
本流のすさまじい急峻な流れは気を抜くと頑強な足元も
直ぐに流されそうな勢いである。
シーズン始めに躓いてはならぬと、慎重に足を進めるが
一向に距離を伸ばせないありさま。

ひそかに決めている自戒を久々に取り出して、Uターンを
決め込んだ始末。『山川を目指すものは最悪のアクシデント
を予測し、止めるのも勇気のひとつ』

◇補遺◇

「傍に居る」
君がぐんと近い距離で
干しイチジクを齧ってる
果肉を美味そうに噛むと
プチプチの種が聞こえてきて
ああ一緒の時間だなと気づく
手渡したものは
愛とは言えないまでも
口に入れ咀嚼するだけで
その想いは確実となる
いつの間にかという時間が
二人の絆を近づけて
欲しいだろうと察知する
心持ちを醸成させる
それを愛と
はっきり言える日を待とう




コピー ~ DSCN6055


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR