晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨音を聴く



道外、特に西日本の方では雨の日が続くようである。
山間地では、豪雨による災害のニュースを聞き、山好き
の拙者としては心を痛める。

札幌では、先週から恒例の花フェスティバルが催され、
街中に色とりどりの花々が撒き散らされているようだ。
豊満な色彩が辺り一面に限りなく広がっている。
道内は花の時期真っ盛りである。

他地域では、雨に閉口しているというのに・・
今日はタイトルを「雨音を聴く」としたので、下段の文章
を引用してみた。
眠りにつく前に本を読むことは、前に書いたと思うが。
拙者が乱雑の本棚をゴソゴソしていると、家人がこの本を
「どうぞ」と差し出してくれたわけである。

ふーん、茶の道は戦国時代に流浪した千利休のことしか
知識が無かったので、ちょいと読み始めたわけである。
ちょうど、俳句の投句時期とも重なっていたので、俳句脳
(実際は俳苦悩・・汗)にする必要があり、モチーフ探し
に懸命だったこともあるが。

それが・・グイグイ惹き込まれた。
二日で読み上げた本は、かの森下典子の「日々是好日」。
この文節には唖然とした。
日々是好日は心に深く留めているが、これは然り。

------------------------------------------

雨は、降りしきっていた。
私は息づまるような感動の中に座っていた。
雨の日は、雨を聴く。雪の日は、雪を見る。
夏には暑さを、冬には身の切れるような寒さを味わう。
・・・どんな日も、その日を思う存分味わう。
お茶とは、そういう「生き方」なのだ。
そうやって生きれば、人間はたとえ、まわりが「苦境」と
呼ぶような事態に遭遇したとしても、その状況を楽しんで
生きていけるかもしれないのだ。
////////////////// 中 略 ////////////////// 
(「毎日がいい日」?)
自分で思ったその言葉が、コトリと何かにぶつかった。
覚えがあった。どこかで出会っていた。何度も何度も。
その時、自然に薄暗い長押の上に目が行った。
そこにいつもの額がある。
「日々是好日」 (・・・!) (毎日がよい日)
なんだろう、この奇妙な符号・・・! ゾクゾクした。
自分を含めて、そこに存在するすべてのものが、織り込ま
れた一枚の布のようにつながっていた。


新規Microsoft PowerPoint プレゼンテーション
雨音はショパンの調べ

ところで、忘れてはならない。
未熟の拙者が詠んだ句はこれだけです・・汗

走り梅雨置きし茶器の名うづくまる




スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

こちらは毎日雨が続いているというのに、北海道は花フェスティバルで彩られているのですね。羨ましいことです。

引用された文の中には自分を落ち着かせるフレーズがありました。

  • posted by 笹峰霧子 
  • URL 
  • 2013.07/01 06:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。