晴耕雨読の日々

我は動かぬ石かはたまた空を貫く風となるか、時折徒然を呟く

山羊さん郵便

 

カテゴリ【自然】 


    掲示物水彩展a (450x312)



まあ、適当なところで鞘を納めれば良いのにさ。
生まれつきなのか育った環境が為せる業なのか定か
ではないけれど、性分というものは中々変わらない。

剣道の世界では抜刀に対して帯刀という刀の納め方
があるのに、突き進んだら何処までも行く、行く。

外が寒くなり始め外遊びをそろりと控えるようになる。
となると、我が家の小さな書斎に閉じこもる訳である。

そこはインドア用の私目のフィールドなので、情報追跡
のパソコン部屋だったり、演奏リハーサルのスタジオで
あったり、件の水彩画のアトリエに化すわけである。

書斎と言ったって羊小屋のようなものだけれどね。
猫の額ほどと謂ったり、羊小屋なんぞと日本人は実に
巧みな喩えを忍ばせるのだが、まあ羊小屋だろう。

羊と言えば、羊はあの円やかな郷愁を帯びた干し草を
食するだけでなく、本当に紙paperを食べるのか。

羊小屋のPCで調べ始めると、羊皮を加工し筆写の材料
とした羊皮紙まで登場してくると、思考は又転変する。

この調子だから、やっぱりアウトドア向きの人間だと
妙に納得するが、お外が寒くて歩けないのだからね。

演奏で歌う童謡に♪やぎさんゆうびんというのもある。
歌詞では白ヤギさんからお手紙をもらった黒ヤギさん
が、読まずに手紙を食べてしまったと。

紙は植物・樹木などの繊維から出来上がっているので、
干し草と同じように考えても良いのかと話しを閉める。

ほっこり筆の句友はこんな短歌を詠んでいる。
サヨナラと100の下書き保存する間に月は満月となる

カソコソと音のする落葉を踏みしめながら山道を歩く。
秋の終わりももう近い。曖昧なことばかりに心が動く
のを制御しなければとゆっくりと坂道を駆けあがる。

千でも百でも足りないと下書きをした恋文はいつも手元
に残ったままである。捨て場所さえ探そうとしない。

そんな追憶を辿りながら、僕自身の野望も捨て鉢な若さ
もいつの間にか絶えて果てるのだろう。それも良い・・

羊小屋は水彩画のアトリエでもあると前述、少し違う。
水彩画は例のマ〇クカフェで描かせてもらっている。

水彩画は描きましたねえ。昨年の7月末から10ケ月の
間に大凡500枚を数えていました。へーえーの世界。

☝の「風になりたい」のテロップの下に載せた水彩画は
少し前に市内の地区センターに展示したアラカルト。

少しずつ、自分が創作し、自分だけで楽しんでいた物が
自分とは違う視点と感性に寄り添い始めるのかなあ。

総て自分の基にあることをいつまでも忘れないと誓う。
羊頭狗肉に陥らないようにと気づいているのが大事と。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

◎ 今人- imajin

Author:◎ 今人- imajin
湿ったアスファルトには
春風が消え夏の息吹が漂う
あの青々とした山間に棲む
コロポックルの戯れ
邪気のないことに憧れて
恋焦がれる思いを託すのさ
鈍色の空を只管仰ぎながら
何度薄暮の時間を迎えたか
長い長い冬の時間に萎れて
灯りを見出せないままの辛さ
無為の日々を過ごすことは
とてつもなく悲しい
影のように重なる自分が居て
ただその場に蹲っていた
閃光のような光が与えられて
照らし出されたわけでもなく
今を生きていることに気づく
そうさ多くは望まなくとも
森羅万象に眠る慈愛を
つまびらかに明かすが良い
葉漏れ陽に包まれて
僕は此処に居る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

冒頭の詩は、今を生きる人
をタイトルにしています。
あまり、肩肘を張らない
タイプの人間ではあります
が、少し勢いを付けたいと
思う今日この頃。

詩のタイトルに倣って、
筆者名は【今人-imajin】
となりました。お気づきの
ように、ジョンレノンの
イマジンも模倣した訳です。

どちらかと言うと、
アスファルト・ジャングル
よりも山川に出没するのが
多いのですが、テリトリー
ではないので、吠えません。
万物万象には、畏敬の念を
忘れないようしています。

ただ自然の中にあるエナジー
は、日々の暮らしの糧になり
ますので、ちょいと拝借を
しています。
その場で文筆や写真・水彩の
記録をさせてもらってます。

その時折の呟きやら写真・
水彩画などを掲載するつもり
でいます。お訪ねのあった
機会には、拙い散文の背景や
行間を探ってみてください。

筆者として望外の喜びです。
よろしくお願いします。

連絡先はこちらに
banshow114☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR